バッテリー、オイル漏れ

よく自動車でトラブルが発生すると対処の方法がサービス内容によって異なることがあります。
例えばバッテリートラブル、これは弱くなってくるとあがってしまったりするため、エンジンが始動できなくなってしまいます。
これはだいたい2,3年か走行距離が3万キロを走行するころには弱ってくると言われています。
それまで交換していればこのようなトラブルはありませんが、弱いまま乗っているとあがってしまうのです。
特に寒い冬場などはより顕著となってしまいます。
そのようなトラブルの場合、他の車からケーブルをつないでエンジンだけ始動する方法と、一時的に充電して対処するという方法が一般的ではあります。
確かにエンジンは指導できますが、すぐにやはり上がってしまいます。また充電も一時的に回復しますが、これもやはり直に弱ってしまいます。
本来は交換するという対処が一番いい方法となります。
またエンジンのトラブルとしてはオイル漏れというのがあります。これはオイルを抜くドレンからもれる場合と、オイルパンやシール部分から漏れてしまう場合もあります。
いずれにしてもそのまま走行するのはとても危険です。それはエンジンが焼きついてしまうためレッカーなどで移動するのは一番いい方法です。

コメント

コメントを受け付けておりません。