レッカー移動

自動車保険についているロードサービスでは、様々なサービスを受けることが出来ます。その中のひとつに、レッカー移動があります。しかし、これは自動車保険の保険会社によって、内容が異なってきますので、注意して加入するようにしましょう。
まず、距離です。レッカーで移動してくれる距離がいくらまで無料なのかということは、保険会社によって異なります。15キロまで無料という保険会社もあれば、100キロまで無料としている保険会社もあるのです。一般的には、50キロ以内無料という場合が多く、提携工場までは無制限としているところもあります。この距離ですが、マイカーが専用の工場でしか修理することが出来ないような外車などの場合は、100キロのように長い距離であるロードサービスに申し込みをしておいた方がよいでしょう。
また、短い距離のみ無料としている保険会社でも、JAF会員であれば、無料の距離が延長されることもあります。その他、提携工場がどこにあるのか、どのような工場なのか、事前に確認しておいた方が安心です。
また、タイヤの盗難やパンクなどで普通にレッカー牽引できない場合は、サービスの限度額を決めている保険会社もあります。超過した分は顧客負担となりますので、注意するようにしましょう。

バッテリー、オイル漏れ

よく自動車でトラブルが発生すると対処の方法がサービス内容によって異なることがあります。
例えばバッテリートラブル、これは弱くなってくるとあがってしまったりするため、エンジンが始動できなくなってしまいます。
これはだいたい2,3年か走行距離が3万キロを走行するころには弱ってくると言われています。
それまで交換していればこのようなトラブルはありませんが、弱いまま乗っているとあがってしまうのです。
特に寒い冬場などはより顕著となってしまいます。
そのようなトラブルの場合、他の車からケーブルをつないでエンジンだけ始動する方法と、一時的に充電して対処するという方法が一般的ではあります。
確かにエンジンは指導できますが、すぐにやはり上がってしまいます。また充電も一時的に回復しますが、これもやはり直に弱ってしまいます。
本来は交換するという対処が一番いい方法となります。
またエンジンのトラブルとしてはオイル漏れというのがあります。これはオイルを抜くドレンからもれる場合と、オイルパンやシール部分から漏れてしまう場合もあります。
いずれにしてもそのまま走行するのはとても危険です。それはエンジンが焼きついてしまうためレッカーなどで移動するのは一番いい方法です。

ガス欠

自動車が走行不能になる様なトラブル。普段乗る車ですと、故障の兆候などが出ている場合があるので早めの修理、メンテナンスなどを行いたい所です。しかし、車が自走不能になることは、注意していても必ず起こります。特に暑い夏場ですと、エアコンの使用によるバッテリーあがりガス欠などが良い例です。こんな時に必要なのが、ロードサービスです。最近では、自動車任意保険のオプションで設定がある筈で、年間の掛け金としては、数千円程度なので、是非、加入して置くことをお勧めしておきます。このロードサービスに加入しておけば結構心強いもので、縁故した際にすぐに駆けつけてくれるし、簡単な修理や作業はその場で行ってくれます。他にも、キーの閉じ込・ローバッテリー等のトラブルなんかは、無料でサービスを受けられることが大半です。また、最近では、このサービスを委託する業者も全国的にかなり増え、24時間体制でサービスを受けられます。因みに、レッカー車で車の移動を行うと何万という高額の請求を受けることになりますが、これらの契約をしておくと、初期費用は免除、後は、1000円/km程度の課金になることが多いようです(契約による)。できれば、高額な請求を受けずに、万全の状態で運転をしたいものではあります。

保険会社によって差があるサービス内容

自動車保険を選択するには、多くの保険の中から決めることになるので各社の情報をよくつかんで決定する必要があります。各社保険料の違いや補償内容、補償範囲などに違いがあります。各社のホームページを確認してサービスの違いを事前に確認した上で比較をすると良いです。保険会社によって差がある内容として、ロードサービスがあげられます。自動車保険ではこのサービスが利用できるところが増えています。ただし、各社内容に違いがあるのでしっかりと内容を確認しておくことが大切です。内容としては、自力走行が出来なくなった時に駆けつけてくれて対応をしてくれます。自動車の運転中には様々なトラブルの可能性があります。遠出をしている時に起こってしまえば、現地に詳しくない状況では不安も高まります。バッテリー上がりやパンク、ガス欠や鍵の問題など、応急的な対応をしてくれる他、大きな修理が必用な時には修理工場へのレッカー移動などもしてくれます。各社内容の違いとして、レッカー移動距離があります。移動距離が何キロまで無料かは会社によって違いがあります。遠出中にトラブルとなれば、宿泊費用や帰宅費用の援助もあります。この内容についても、限度額の規定があったりなかったりと、違いがあるので事前確認が必要です。

保険会社と民間のロードサービスの違い

私たちの生活において自動車は欠かせないものとなっており、車があることで生活が便利になり、より豊かになります。しかしながら、その一方で、自動車によって引き起こされる何らかのアクシデントが生じたり、交通事故に巻き込まれたりするその危険についても予期して備えておくことは快適なカーライフを維持するためには重要なことになります。
それでそのような状況に備えて、自動車の任意保険に加入することがとても大切な選択になるわけですが、最近の自動車保険会社の保険にはいろいろなロードサービスが付帯していますので、何か問題が発生した時にとても助かります。たとえばパンクをしたり、ガス欠をしたり、バッテリ-が上がってしまったり、レッカーサービスが必要になったりするときにこうしたロードサービスに入っていれば対処していただくことができます。
しかし、保険に付帯しているロードサービスと違って民間のロードサービスはレッカー移動の距離のサービスが長かったり、チェーン脱着のサービスがあったり、その人の所有する複数の車両に関して対応してくれたりとサービス内容が充実していることが多くあります。
それで、こうした違いをよく理解して、自分の状況に合ったものを活用していくことがおすすめとなります。

宿泊費、移動交通費サポート

自動車保険にはロードサービスがついているものがあります。これらの内容をあらかじめ知っておくと、万一の事故があった場合、しっかりと利用することが出来るので、とても便利です。
もちろん、保険会社によって異なってきますが、大抵の保険の場合、色々なサービスが行われます。例えば、事故または故障で車が自力走行不能となって帰宅できない場合、宿泊施設や代替の交通機関を案内してくれます。これらは自宅から直線距離で50キロメートル以上だった場合が対象となります。
また、契約から2年め以降など長期で契約を結んでいる場合は、移動交通費のサービスも受けることが出来ます。当日、または翌日いずれかの帰宅費用として、1名につき2万円まで支払われます。また、当日、事故で帰れなくて宿泊せざるを得なくなった場合の宿泊費もサービスに含まれています。1名につき1万円までです。但し、移動交通費は車検証上の定員分までが限度となっていますし、事故にあった当日、または翌日の帰宅のための費用に限ります。対象となる代替交通機関は、タクシー、電車、飛行機、船舶などで、レンタカーは除かれます。ハイヤー、グリーン車、ビジネスクラスなどを利用したことで、通常の交通費を超過した場合は超過分の支払いはありませんので、注意するようにしましょう。宿泊のための費用も、車検証上の定員までであり、事故にあった当日のみです。

レッカー移動サービス

ロードサービスに加入すると、旅行や出張などの遠出で自動車を使って移動している最中に何らかのトラブルが起こっても、専門のスタッフが適切に対応してくれます。このロードサービスの加入時に受けられるサービスの一つにレッカー移動サービスがあります。
このサービスは、故障や事故などで自動車の自走が不能になったときに利用することができます。自動車の自走ができなくなったことをロードサービスを行っている会社に連絡して伝えると、専門スタッフがレッカー車に乗ってその自動車のもとへやってきて、必要な作業を行った後、自走不能になった自動車を目的地までレッカー車で牽引します。
このサービスの料金は、牽引の対象となる自動車の車種や牽引する距離によって異なっており、基本的には大型の車両であるほど高くなり、牽引する距離が長いほど高くなる仕組みになっています。また、特殊な工具を使って作業を行った場合や、高速道路の休憩施設などの特別な場所で作業した場合など、牽引を始めるまでに行った作業によっては追加料金がかかることもあります。一方、依頼先のロードサービス会社によっては、一定距離までの牽引を無料にしていたり、最寄りの指定修理工場まで牽引する場合に距離に関係なく無料になっていたりすることがあります。

故障・トラブルへの対応

自動車保険を選ぶポイントでもあるロードサービス、これは自動車の故障などに対処してくれるサービスです。
トラブルにもいろいろありますが、例えばパンクやバッテリーあがり、ガソリンがなくなってしまう場合や、キーのとじ込み、脱輪などがあります。
最近多くなってきているのはパンクです。これまではガソリンスタンドなどで給油した時に、スタンドの人がタイヤの状況をチェックしてくれることがありましたが、最近はセルフスタンドが増えてあまりタイヤの状況をチェックすることが少なくなったことも原因です。
パンクした場合は自分で修理するにはパンク修理剤をいれて対処するか、スペアタイヤがついていればそれに交換するという方法になります。
キーのとじ込みは最近はイモビライザーなど自分が身につけているだけで車にキーを差込むことも少なくなり、そのまま車を降りてロックすることは少なくなりました。
あとバッテリーあがりはケーブルがあれば他の車につないで一時的に安仁をかけることはできます。ガス欠はやはり少しでも給油が必要でスタンドがあるところまで行く必要があります。
このようなトラブルの対応にロードサービスがあると対処してもらうことができるのでとても安心できるのです。

ロードサービスって一体何?

ロードサービスとは、自動車が何かのアクシデントにより走行不能となった時に、駆けつけてくれて応急処置をしてくれるサービスです。このサービスを利用するためには、会員となっているか、あるいは会員でなくても利用ができます。ただし、会員と非会員ではサービスの利用料に大きな差があります。非会員の場合には割高の費用を請求されてしまいます。有料の会員になる他にも、自動車保険やクレジットカードにサービスとしてついている場合があります。自動車の運転では、様々なトラブルの可能性があります。バッテリー上がりやパンクやガス欠など、予期せぬ時に起こってしまいます。バッテリー上がりなどのすぐに応急処置ができるものであれば、その場で対応をしてくれます。大きな故障などで修理が必用な場合には、レッカー車で最寄りの修理工場まで運んでくれます。このサービスはいざという時にとても助かります。しかし、有料の会員になることに抵抗があるならば、保険やカード会社でサービスが利用できるところを探すと良いです。アクシデントで走行不能な状態となった時に、まわりに助けてもらえる人がいない場合にはありがたいです。自動車の不具合はとても不安な気持ちになるので、全国どこにいても助けてもらえるサービスは心強いです。