故障・トラブルへの対応

自動車保険を選ぶポイントでもあるロードサービス、これは自動車の故障などに対処してくれるサービスです。
トラブルにもいろいろありますが、例えばパンクやバッテリーあがり、ガソリンがなくなってしまう場合や、キーのとじ込み、脱輪などがあります。
最近多くなってきているのはパンクです。これまではガソリンスタンドなどで給油した時に、スタンドの人がタイヤの状況をチェックしてくれることがありましたが、最近はセルフスタンドが増えてあまりタイヤの状況をチェックすることが少なくなったことも原因です。
パンクした場合は自分で修理するにはパンク修理剤をいれて対処するか、スペアタイヤがついていればそれに交換するという方法になります。
キーのとじ込みは最近はイモビライザーなど自分が身につけているだけで車にキーを差込むことも少なくなり、そのまま車を降りてロックすることは少なくなりました。
あとバッテリーあがりはケーブルがあれば他の車につないで一時的に安仁をかけることはできます。ガス欠はやはり少しでも給油が必要でスタンドがあるところまで行く必要があります。
このようなトラブルの対応にロードサービスがあると対処してもらうことができるのでとても安心できるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。